• トップ /
  • 2~6カ月要るインプラント治療

約半年間以上の治療期間

2~6カ月要るインプラント治療

インプラント治療期間の個人差

歯を失った人の顎の骨にインプラント(人工歯根)をいれて、その人工歯根が、顎の骨に密着し、その上にのせた歯が安定して使えるようにする手術が、最近はよく行われるようになりました。インプラントの治療手順は、まず、口の中をGTやレントゲン検査をして、何本人工歯根をいれるか、顎の骨は、人工歯根に耐えられるかを検査して、治療計画を立てます。患者さんの同意が得られると、人工歯根を埋め込む手術を行います。手術時間は1~3時間ほどで、入院の必要はなく、手術をした日に家で安静にしていればいいだけです。手術後、1カ月に1回の人工歯根のクリ-ニングが必要です顎の骨がしっかりしていればインプラントが、顎の骨に密着するのに2~3カ月の期間が必要です。しかし、顎の骨が薄く人工の骨を作る場合は、葉をつくるのに4~6カ月の期間が必要で、さらに人工歯根が新しく作った顎の骨に密着するのに2~6カ月かかりますので、この場合の治療期間は、6~12カ月間必要です。歯が顎の骨に密着すると、人工の歯を作ります。この歯を作る期間が約2週間です。インプラントは、このように長い治療期間が必要ですので、抜歯と同時に人工歯根を入れる手術を行ったり、抜歯した日煮仮場を入れたりして患者さんの負担を減らす方向になってきています。

↑PAGE TOP