• トップ /
  • インプラントの流れとは

インプラントの流れ

インプラントにかかる料金

インプラント手術の流れ

インプラント治療では外科手術が行なわれます。手術法によって多少の違いはありますが、流れは基本的に同じです。まず麻酔をして歯茎を切開します。骨が出てきたら適切な形に整形し、あごの骨にドリルを使って穴を開けます。滅菌された人工歯根を取り出し、あけた穴に対して埋め込み歯茎を縫って閉じます。後は骨と人工歯根が接合するのを待ち、2回目の治療でアバットメントと人工の歯を取り付けます。治療期間は骨の状態や部位によってことなりますが、3ヶ月から4ヶ月程度の時間をみておくことが必要です。

インプラント手術の無痛治療

インプラントをしたいけど、「痛いのは嫌だ」と言う人のために、無痛治療と言うのがあります。まず、手術前にCT撮影にコンピューターシュミレーションを行い、正しい位置に正確にインプラント(人工歯根)を埋め込む、手術用のテンプレートを作成することで、歯茎を切らずにフラップレス術と言う方法があります。その他の無痛治療には、麻酔を使う方法があります。それには、局所麻酔薬を使用する方法、静脈から鎮静剤を入れる静脈内鎮静法と言うのを使う場合が、オールオンフォーとか、骨造成の場合は両方を使います。

↑PAGE TOP